コラム

[Angular]primeNg(デフォルト)とAngular Materialを比較してみた。

投稿日:

最近業務でAngularのライブラリであるprimeNgを使っています。
Angular materialとprimeNg(デフォルト)を比較してきました。

https://www.primefaces.org/primeng/#/

メリット

一通り全部揃っている

Angular Materialよりも多くのコンポーネントがあります。

高機能な部品がある。

treeのLenient Filter Modeとか便利でいいなと思います。
これもMaterialにはないですね。
https://www.primefaces.org/primeng/#/tree

実装したい内容にマッチした部品が複数あるのであれば、
結構工数を減らせるのではないでしょうか。

ページ内から検索ができる。

左上に検索窓があり、これが便利です。
Materialにはないので、探さないといけません。

デメリット

ドキュメントが惜しい。

Angular Materialはコピペすればだいたい使えるようになっていたので、
何も考えずにコピペして、動いてからオプションなりを考えるということができました。
一方、primeNgはちょっと工夫が必要です。
コピペでは動かないときもあるので、ドキュメントを読んだりググったりして、必要な値を入れて動かしましょう。
そんなに手間はかからないのですが、少しだけめんどくさいです。
sourceにもimportは書いて欲しいかなと思ってます。

ちなみに私はangularのバージョンが6の案件に7のコンポーネント入れようとして動かなく少しハマりました。
設定ミスったかな?と思って動く気配なかったので調べたらバージョンが違うと…
結局その時の最新の8に上げさせてもらいました。

デフォルトのデザインはいまいち。

個人的にはですがデフォルトではMaterialよりもいけてないなと思っています。
有料のデザインテーマは結構揃っていて、いい感じのものもあるので、
ちゃんと課金してねとのことなのかもしれません。

-コラム
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

「30 Days Timelapse at Sea」の4K動画をフルHDでキャプチャして拡大してみる

YouTubeで公開されている、こちらの動画をご存知でしょうか? 公開されたのは …

ウルトラアジャイル開発を実現するための10のこと

こんばんは。高石です。 ウルトラアジャイル開発と題して推進している超スピード重視 …

no image

[Macアプリ]仕事中にもっと集中したい人にはHazeOverがいいかもしれない。

こんにちはコーテッグの小山です。 今日はMacのアプリを紹介したいと思います。 …

目指せ、みんなで消防士!懸垂バーを設置することになりました!

こんにちは、コーテッグの小山です! 毎日、PCに向かっていて運動不足になりがちな …

MacBookProの黄ばみ?を直す方法

MacBookProを使っているのですが、いつの間にか画面の一部がちょっと黄色く …