技術

【Vagrant】はじめまして!はじめました!

投稿日:

どうも中田です。
仮想マシンと言えば、VMWare、EC2、VirtualBoxなどなどありますが、
それを扱いやすくしたものということで、 vagrant というものがあります。
今日は、vagrantを使って環境を構築するということをやってみます。

 
vagrantは、ここ(公式:vagrant homepage)から持ってきて
インストールしておきます。
(ちなみにVirtualBoxも入れておきましょう)

 
 

Vagrantを使って仮想マシンを立ち上げる手順

  • Box(仮想マシンテンプレート)取得
  • 仮想マシン初期化 & 起動

 
では、上記手順に沿ってやっていきます
 

Box(Template)を取得

Boxは、OSイメージテンプレートです。
ここ(vagrant.es)で配布されてます。
自分の構築したい環境のURLをコピーしておきましょう。
そして好きな名前(下記、 name )をつけます。

$ vagrant box add [name] [url]

[url]でなくてもローカルのイメージファイルでもOK

 
ちょっと時間がかかります。。。。
 
 
ダウンロードできたかどうか確認します

$ vagrant box list

ちなみにBoxのダウンロード先
$ ~/.vagrant.d/boxes
Boxがあれば何度でも環境を作れます。

 
 

仮想マシンの初期化 & 仮想マシンを起動

作業するディレクトリ(ここではvm)を作成して、仮想マシンを初期化します。

$ mkdir ~/vm
$ cd ~/vm
$ vagrant init [name]

name はBoxに付けた名前です。
仮想マシンの設定ファイルである、Vagrantfileができます。

 
では、仮想マシンの起動します。

$ vagrant up

SSH接続してみましょう!

$ vagrant ssh

 
できました?
ちなみにVirtualBoxを確認すると仮想マシンが起動されていると思います。
 

コマンド集

$ vagrant up -> 起動
$ vagrant halt -> 停止
$ vagrant suspend -> 中断
$ vagrant resume -> 再開
$ vagrant status -> 起動状態確認
$ vagrant reload -> 再読み込み
$ vagrant destroy -> 削除

 
 

共有フォルダ

~/vm/ 配下は仮想マシン上の /vagrant と同期されます
 
 

Boxを作ってみよう!

自分の作った環境をイメージファイルとしてBoxにしちゃいましょう

$ vagrant package

shutdownが実行されて、 package.box というBoxができました。

 

これを下記コマンドで取り込めば、同じ環境のできあがり。
AWSのAIM作るイメージですね。

$ vagrant box add [name] package.box

 
 

そんな感じで。

-技術
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

自分のEvernoteをブログとして公開できる『Postach.io』を使ってみました

こんにちは。たなかです。 自分のEvernoteをブログとして公開できる『Pos …

【ionic】バックボタンの文字だけ消す

どうも中田です。 今回はHTML5ハイブリッド開発でお馴染みのionicについて …

セレクトボックスにfont-awesomeのアイコンを使うときは注意が必要。

セレクトボックスの中にfont-awesomeのアイコンを表示したい。 そんなと …

[Xcode]Provisioning ProfileのUUIDを確認する方法

どうも田中です。 iOSアプリの審査に向けて作業している最中、buildエラーに …

Chrome開発者ツールの背景を黒にする

普段コーディングしている時は、背景黒の方が目に優しい気がするのでエディターの背景 …