未分類

プログラミング初心者にはタイピングの練習がおすすめ?

投稿日:

こんにちは!コーテッグの小山です!

プログラムを始めてから1年たってないぐらいと、ちょっとと日が浅いのですが、
学習の初期にやっておけばよかったと思うことがあります。
それは記号も含めたタイピングの練習です。

プログラマーにはタイピング速度が必須ではないとか聞いたことがありますが、
記号も含めてタッチタイピングできるの学習効率ととっつきやすさが違います。

日本語でブラインドタッチができるので、なんとなくいいやとやっていなかったのですが、
記号を打つ回数が多いので、なんとなくストレスに感じていました。

<%= %>とか$(“ ”)とか打つのに指がついていかず、
次に打つキーを探していたため、内容に集中できていませんでした。

typing.ioが使える。

最近、USキーボードに切り替えたのですが、キー配置が違うため学習初期と同じ状態に。
キーレイアウトに慣れるために、typing.ioというサイトで練習したら結構すんなりと上達しました。

このtyping.ioというサイトは各言語のソースコードで写経ができるサイトです。

通常の写経はみなさんコードの内容に集中しているかと思いますが、こちらはキーの位置に集中することになるので効果が違うと思います。
`とか{}とか&とか通常のタイピングソフトでは出てこないような記号も練習できるので、実戦的だと思います。

たまに暇なときに遊んでみる感覚で、USキーボード以降時は15wpmと低かったのが、2~3週間で2倍の30wpmになりました。
wpmはwords/minuteの意味のようです。
まだ早くはないけれども、USキーボードには簡単に慣れることができましたね。

macの買い替えでUSキーボードにしたい人や、プログラミング始めてみたいって人がいたら、
おすすめしてみようかなと思ってます。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

コーテッグの本棚

コーテッグで働く中で関わったプロジェクトと身につけた技術

はじめに こんにちは、エンジニアの戎島(エビスジマ)です。 コーテッグで僕が働き …

ヘッドマウントディスプレイ Vufine(ビューファイン)を使ってみた

Vufine(ビューファイン)というものを借りる機会があったので、発売から1年ぐ …

意外と忘れがち?ビューの修正方法で悩んだ時は画像検索が使える!

ビューのライブラリのオプションを探すのがストレス こんにちは!コーテッグの小山で …

【イベントレポート】エンたまもくもく会(Web系技術)#4

はじめに こんにちは、エンジニアの戎島(エビスジマ)です。 少し前になりますが、 …

コードレビューを共有するために、 bitbucketとスラック連携を試してみた。

こんにちは、コーテッグの小山です。 プルリクエストのコメントってプルリク出した人 …