技術

自分のEvernoteをブログとして公開できる『Postach.io』を使ってみました

投稿日:

こんにちは。たなかです。

自分のEvernoteをブログとして公開できる『Postach.io』を使ってみたので感想を書いてみます。

Evernoteユーザーであることが前提ですが、お手軽にブログ作りたい方にオススメです。

Postach.io 始め方

まずはEvernoteに『Postach.io』という名前のノートブックを、公開設定で作成しておきましょう。

次に公式サイトにアクセスして、『Create a Blog, Free』からブログ作成を行います。

Evernoteユーザー情報を入力して、ノートブックを連携していきます。

Evernoteと連携できたポップアップがでれば成功です。

※わたしは初回でうまく接続がされず、TOPページからログインし直したら成功しました。
connect notebookの画面から進まない時は試してみてください。

 

Postach.io 使い方

ログインできたらサイト設定画面に入ります。

ドメイン名やブログのタイトルを設定していきます。

 

サイトのデザインテーマも良い感じのが揃っています。

お好みのデザインを選んで良い感じにしていきましょう。

 

設定が完了したら、Sitesにブログが作成されているのを確認できます。

複数作成も簡単にできるみたいですね。

[View]ボタンを押すとサイトを表示できます。

おおおお! ブログができてるーー!

あとは自身のEvernoteアプリで最初に作成した『Postach.io』ノートブック配下にノートを作成して、[published]とタグ付してやれば…

じゃーーーーん!記事が投稿されました!やったぜ!

 

『Postach.io』まとめ

Evernoteユーザーなら5分でブログ公開できるので、本当に簡単お手軽です。

Evernote上で使える機能は一通り揃っているみたいなので、文字装飾とか簡単なコードブロックくらいなら十分表現できるのではないでしょうか。

GoogleAnalyticsやSNSシェアなども対応しているそうなので、その気になれば本格的なブログ運営も可能な感じ。

『ドメイン取得して…サーバー契約して…』と考えると腰もやや重たいですが、『Evernoteで書き溜めたメモを、試しにシェアしてみる』くらいの感じであればなんとなく始めやすそうですかね。

 

なんとなくブログ始めてみようかなーという方は、ぜひ試してみてください。

今回はここまで。

 

今回テストで作ったブログ↓

https://tanakay.postach.io/

-技術
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

【Rails】RailsでFriendlyURLを設定する

こんばんは 例えばRailsでブログ記事ページのルーティングを設定するときは b …

no image

[TypeScript]enumを代入記法で書いた場合に、値からキーが取れるか調べてみた。

TypeScriptのenumのドキュメント(TypeScript Deep D …

[ionic] アプリ名にハイフンやアンダーバー入ってると困る件

どうも中田です 今日もionicのお話。 スマホアプリ作るときに test-ap …

no image

【ionic】view-titleが更新できない!!

どうも中田です。 ionicのview-titleを動的に変えるってパターンはし …

[Angular] @NgModuleをざっくりと

どうも中田です。 最近社内でAngularの波が起こってるので そのビッグウェー …