技術

[ Rails ]ActiveRecord::RecordInvalidで怒られ、saveができない!

投稿日:

こんにちは。たなかです。

新しいプロジェクトの参画が決まって、今はrailsを書く時間が増えてきました。

フォームに情報を入力してsubmitするとDBに保存される、みたいなよくあるページを作成していたのですが、以下の症状で若干詰まったので備忘録的にメモです。

症状

入力フォーム画面から必要な情報を入れてsubmitし、createアクションに入るものの、DBにデータが保存されません。

(byebug)    (4.0ms)  BEGIN
  ↳ app/controllers/xxx.rb:36
   (1.6ms)  ROLLBACK
  ↳ app/controllers/xxx.rb:36
Redirected to http://localhost:3000/aaa
Completed 302 Found in 5456ms (ActiveRecord: 5.6ms)

 

createアクション内でbyebugを仕込み、paramsを確認するものの被疑者っぽいものも無し。

別にvalidateもかけていないのですが、いざsaveしようとするとすぐにrollbackしてしまいます……なんでや!

解決方法

Modelのbelongs_toに 『optional: true』をつける!

Rails5からは、belongs_to関連はデフォルトで『required:true』になるため、required: falseにしたい時はoptional: trueを追記してやる必要があるとのこと。

nilがOKのケースの方が珍しいってことでデフォルトでnil不可になり、「nil許可したければ明示的にmodelに記載してねー」ってスタイルに変更されたみたいっすね。

ってな具合で使ってるモデルにoptional: trueを追記してやりました。

  belongs_to :user,     optional: true
  belongs_to :service,  optional: true

 

無事DBへの保存ができましたー!やったぜ!

まとめ

今回の症状発生と同じタイミングでたまたまfields_forを使った関連テーブルへの一括保存ロジックも触っていたため、「paramsが悪さしてるのか?」とか「書き方ミスってるのかな?」とか、不要な方向への調査に時間を取られ、無駄に時間がかかってしまいました。

本当に悪さしてるのはどこなのか、ちゃんと切り分けて丁寧に解決せねばですね。戒めねば。

今回はここまで。

参考サイト

-技術
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

[Xcode] SDK Version Issue – This app was built with the iOS 12.0 SDK. Starting March 2019, all iOS apps submitted to the App Store must be built with the iOS 12.1 SDK or later, included in Xcode 10.1 or later.

こんにちは。たなかです。 2019年、ブログ初更新になります。今年もよろしくお願 …

no image

【AWS】mysqldump&S3バックアップ。それは一瞬の出来事

こんにちは、中田です。 RDSでしっかりとバックアップ! とまでしなくていい場合 …

no image

【Rails】idのauto increment設定を削除する

こんにちは railsを触っていてidからauto incrementの設定を削 …

no image

【Rails】そろそろデバッグしましょうか

どうも中田です。 今までrailsの開発はIDEを使わずテキストエディタだけでや …

[Xcode]Provisioning ProfileのUUIDを確認する方法

どうも田中です。 iOSアプリの審査に向けて作業している最中、buildエラーに …